empilon 1  について

ブランド起源


1972年当社自らTPR熱可塑性エラストマーを開発する時、同時に射出機械の設備も改良され、それて靴ぞこを生産する工場を使って、材料と技術はいままで各界にも幅広い使用されます。

ハイスピードで成長していた国際市場に対応するために、1986年から様々な製品のニーズに対応して、研究と調合技術で水素化熱可塑性エラストマーHTPR(Hydrogenated Thermal Plastic Pubber)を生産しました。それは「EMPILON」というブラントの誕生です。

11

 

 

深入透析EMPILON
EMPILONとはA-B-A分子から混ぜ合わせしたもので、両端は硬いスチレンと弾力基材(例えば、エチレン/ブテンかエチレン/プロピレン)から構成されています。従って、加熱処理によって和らげたり流動させたりした加工ができます。また、冷めた後も弾力性も保っています。EMPILON優能膠は射出成形、押し出し成形、ブロー成形で幅広い使用されており、製品加工のステップがシンプルすることができ、EMPILON優能膠製品の競爭力を強化させます。9

 

 

EMPILON材質の特性

◎ 硬さ範囲:ShoreOO~ShoreD50。

◎ 良い透明性:全透明程度を達成できる。

◎ 良い滑り止め性:密封性、耐震性。

◎ 耐高温性(一般的85°C、特殊規格180°Cくらい)耐低温性(最低-56°C

◎ 医療食品衛生性(FDA標準)。

◎ 耐候性。

◎ 抗化学性、優秀な耐水性と耐酸とアルカリ性、短時間で油の中に浸かられる。

◎ 高抗張性と低変形性。

◎ 延長性(最低500%)。

◎ 優秀な電器特性:例えば絶縁体、耐電圧と抗電波。

◎ エコ性:100%リサイクルできる。

001JPG

 

 

EMPILON材料の運用範囲

◎ Empilon優能膠とは抜群の競争力をもつため、様々な弾力材料に適用されているものです。例えばABS、PC、NYLONなど硬いプラスチックと工業用プラスチックで射出成形します(Overmolding)。

◎ 家電、電子製品、金具関連品、運動用品など使用できる。

◎ 医療、食品関連品:FDA規範にプランジャーストッパー、食品容器、おしゃぶりなど。

◎ 運動関連品:ダイビング用品、おもちゃなど。

◎ 工業関連品:おもちゃ用キャスター、ホースなど。

◎ 自動車付属品:防塵カバー、車用シート製品、マットフラップなど。

◎ その他:靴底、様々なハンドル

10

 

 

EMPILONの発展

◎ 研究開発を続けて投入し、いつも私たちやり通す信念です。EMPILON製品の多様性と品質の穏やかな性を保ち続けたいため、研究の間に精密機器の設備を大量に購入し、その上自ら創作したの生産技術を運用して、研究と製造に関する専門知識の人材を応募し、穏やかな商品の品質とよく更新する創作の材料から生産量を確保し、カスタマイズのサービスを目指して、自分を乗り越えます。

◎ 和泰は人材の育成と訓練を重視しており、各社員にマーケティングと企画という専門知識を持ち、お客様の製品開発とアフターサービスの品質の向上に取り組んでいます。完璧な解決方案は提供しお客様を満足させるよう、いい信頼関係を築き上げます。